雑記

出張でインドに行った話【Part.5】

雑記

出張でインドに行ったシリーズの続編を書いていこうと思う。

ブログ開設から間もない頃、何を書いたらいいのかわからずとりあえず書いていたこのシリーズだが、何が良いのかその続編を求める声が届いたのである。

たった一人の読者からだが、そもそも投稿を求めてもらえる時点で個人ブロガー冥利に尽きる。

しかしながら、よりによってこのインド出張シリーズとは…w

ブログ開設間もない頃に書き綴ったもので、記事としての出来栄えは恥ずかしいレベル。

とはいえ、消すこともなく掲載し続けていたらこんなことが起きるんやなと…。

少々複雑な気分も混じるが、最近はブログの更新頻度が下がる一方だったしちょうどええか。という感じで早速いってみましょう。

はじめに

さっそく本編、の前にこのインド出張シリーズのこれまでをざっと振り返ってみる。

Part.1:親父が突然インドに出張を命じられ、高揚感と不安が入り混じり葛藤するが、ジャブで世界を制す。

Part.2:出張予定日まで時間がないため支度や手続きを超速で行うものの、どんでん返しで上司に殺意を覚える。

Part.3:出張目的と親父の職業に関する序章。

Part.4:いよいよ出張の朝。家族に別れを告げ成田空港へと向かうが、そこで待っていたのはエミネムとバタービーン。

ざっとこんな流れ。

ダラダラと書いてきたからか、要はPart.4時点でまだインドに行けてなかったわけ。

どんな長編作品を作ろうとしてんだって話よ。

というわけで、この辺でサクっとこのシリーズを終えられるようにPart.5に行きましょう。

本編

さて、成田空港近くの成田ビューホテルにて前乗りした親父。

ふかふかのダブルベッドですっきりと目覚めた。

いよいよフライト。インドに向かう当日である。

この時点で一緒にインドへ向かう仲間と合流できていなかったが、朝飯のバイキングにてようやく合流し、エミネムとバタービーンの話で軽くひと笑い取って部屋に戻り、支度を済ませていざ空港へ。

羽田空港からの国内線は何度も乗ったことがあるが、成田空港でしかも国際線は初めて。

最初に感動したのは、有名な日本人が出国~とかのニュースでよく見るあの場所。

有名人いないかな~とか思っちゃうところがまたミーハーな親父。

出国ゲートの雰囲気を楽しんだあとは、手荷物検査と出国審査をして空港内部にはいるわけだが

その出国審査の道中、こんな設備が…

出典:東京入国管理局成田空港支局のTwitterより

なんやねんこれ…。おもちゃ…?
と思いつつも、どうやらこれは「顔認証ゲート」とかいうものらしく、本人確認に使用しているらしい。

これでワイの顔が国に記録されたわけやな…。

と、何も悪いことしてないのにプリズンブレイク的な緊張感を覚えた。

めちゃくちゃ変顔したらどうなるのか試す度胸はなかったので、皆さん是非。

まあそんなこんなでいろんな手続きが完了。

そのあとは楽しみにしていた”ラウンジ”ですわ。
今回の出張は、ビジネスクラスでの移動だったわけよ。

というわけで、ビジネスクラス以上に搭乗する者だけが入ることができると噂のラウンジにGo。

出典:マイルの錬金術師

これよ。

ファーストクラスラウンジ、サクララウンジ

(いやどっちやねん。)

ウキウキで中に…
偉そうな入口を抜けると、受付の姉ちゃんが二人。

出典:とりひこライフ

こんな感じ。(画像はイメージね)
こんな貴重な体験にもかかわらず、生写真がほとんどないわけですよ。

不慣れな感じを出さまいと自意識過剰が発動して写真撮影はほぼしてへんねん!!

てことで今回はとりひこライフさんの画像を拝借(さーせんあざすっ!!)

そんな感じでラウンジに入ると、

出典:とりひこライフ
出典:とりひこライフ
出典:とりひこライフ
出典:とりひこライフ

要はこんな感じよ。

酒飲み食いしん坊の親父にとってはもう楽園ってやつ。

出典:square

自動で聖水…じゃなくてビールを注いてくれるサーバーにて…

出典:親父のまとめ

最初の一杯。
このあと、至高のビュッフェに舌鼓を打ちながら、ウイスキーやら日本酒やら…

飲んで食って気付けばすっかり出来上がり寸前になったものの、

そもそも酔っ払いは搭乗できるのか!?

という疑問も生まれ…

ゲート

ってな感じになったらアカンというわけで自重。

インドに行ったらもうおいしいお酒は飲めないと思っていたが、いざインドに行ったらおいしいお酒、飲めたんよ。(それはまた後のPart,で)

ってな感じの心地よい程度でいよいよ搭乗!!!

搭乗ゲートを抜け、いざ機内に。

自分の席を発見。

出典:トラベルwatch

これ。(ここさえ生写真じゃないというね…。)
画像ではわかりにくいが、足元は広々伸ばせて、リクライニングはフラットになる。

会社には窓際を希望したが無理だったらしく、通路側。

一緒に行く他の2人は窓際だったけどな!!!

まあええ。

そんな感じで自分の席に着こうと上着を脱ぐと、CAが近づいてきて

上着をお預かり致します❤

サービスが違うね~、と感心しながら上着を渡すと、CAはそのままどこかに消えた。

どこ持ってくねんっ!

と少々戸惑ったが、着席。

席の真横になにやらリモコン。

なんやねんこれ、文明の利器ってやつやな。

いじってみると、

つくよね、テレビ。

なんかええ感じや、ええ感じやないかい!!!

酒も飲み放題でつまみも食べ放題らしい。

天空の楽園や。

そんなこんな、ベロベロになりながらフライトの間(約9時間)一度も寝ることなく映画を見まくったわけ。

その時観た映画で「アリースター誕生」ってのがあってだな、

それを観て感動して号泣してしまったわけよ。記事にもした。

就寝している客も多く機内は静かな中、きっと親父の泣き声だけが響いていたんだろう。CAもドン引き。

そんな感じで、インドに到着です。

デリー空港。

やっと着いたぜインド…

ん?ちょっと待って…

なんかクサない?

今日はここまでや!!

続きはまた…。

タイトルとURLをコピーしました