仕事

副業を始める前に知っておくべき「稼ぎ方」の種類を解説!

仕事

???
???

副業ってどんな種類があるんだろう?
自分にはどんな副業が合うのかな…?

こんにちは、こんばんは。

今回は、副業の種類についてサクっと解説したいと思います。

親父もこのブログを始めたきっかけは、”副収入を得るため”でした。

その目的を果たすべく、現在進行形で精進している真っ最中です。

別の記事で、その軌跡を追っているのでよかったら読んでみて下さい。

副業にブログを選択した親父ですが、今回はそもそも副業にはどんな種類があるのかについて解説していきたいと思います。

はじめに

働き方改革の推進により、副業に対するハードルはかなり低くなったように感じます。

そんな今だからこそ、

まずは副業の種類について知り、
自分にあった副業を選択することが重要と思います。

そうは言っても、そもそもどんな種類があるのか分かりづらいのも事実。

「具体的にどんな種類があるの?」

「自分に合った稼ぎ方を見つけたい。」

副業に興味を持ち、情報収集している人の中には、このような疑問を持つ人もいるかと思います。

そこで今回の記事では、副業を3つの種類に分けて解説します。

さっそく、いってみましょう。

副業は大きく3つに分かれる

副業は、時代が流れとともに多様性が生まれ、今ではその種類も多岐に渡ります。

しかしながら、いつの時代も大きく分ければ以下の3つに分類することができます。

副業の分類





それぞれ詳しく見ていきます。

成果報酬型の副業

成果報酬型はおもに「生み出した成果に対する報酬」で収益を得るものです。

たとえば、専門分野のコンサルティングや占いといった、特定のスキルを使って顧客の悩みを解決することで報酬を得ます。

これには、本業で得たスキルを活かす人もいれば、新しくスキルを習得して副業をスタートさせる人も多いです。

アフィリエイトなんかもこれに当たるのではないでしょうか。

スキルの専門性やそのレベルが高いほど価値は上がり、報酬も上がります

親父の知り合いにも、自身が習字が得意(段位持ち)だったことを利用して「見栄えの良いハガキの書き方講座」をオンラインで実施して、そこそこの収益を得ている人がいます。

成果報酬型の代表例が「ココナラ」ですが、少しでも得意だと感じることがあれば、それだけでお金を稼げる可能性があるのが特徴です。

”自分にも何か人の役に立てることはないか”を探してみるのも良いと思います。

\ ココナラでスキルを磨いて稼ぐ! /

時間労働型の副業

時間労働型の副業は特別なスキルがなくても始めやすく、時間当たりの単価で報酬を得るものです。

本業とは別に、スキマ時間を利用してアルバイトをしたり、日雇いのお仕事を副業として始めるケースもあります。

具体的には、時給制の運転代行などもそれにあたります。これまた知人が実践して月に3~4万円ほどの収入を得ていたとの情報があります。

時間労働型の付加価値として、その経験からスキルを得られる可能性がある。ということが挙げられます。

せっかく大切な時間を使うわけですから、多くのものを得るべきですよね。

今後の副業に関するヒントにもなるかもしれないので、侮れません。

ビジネスオーナー型の副業

ビジネスオーナー型は自身で商品を作り販売したり、情報を発信するなどして自分自身がビジネスの中心になるものです。

大きな特徴としては、成果に対する報酬ではなく、奉仕した時間に対する報酬でもない部分です。

お金を稼げる仕組みさえできれば、かけた手間以上のリターンがあります。

具体的には、有料のメルマガ配信やオンラインサロンなどが挙げられます。

但し、一般人が始める場合は軌道に乗るまでが非常に大変で、とにかく粘り強く続けてスクラップ&ビルドを繰り返していく必要があります。

副業の選び方

親父が尊敬する某有名経営者は、会社員時代に時間労働型の副業を始め、その後コピーライターやコンサルティングといった成果報酬型の副業を経験し、一部の獲得した案件を他の人にお願いしたり、自動化するなどしてビジネスオーナー型に変化していき、それが本業へとなりました。

最初に副業を始める場合、まずは時間労働型が手っ取り早いです。しかし、手軽に報酬を得られる反面時間を消費してしまうので、日常生活の縛りや負担が増えてしまいます。

あくまで親父的アドバイスですが、可能であれば始めから成果報酬型を選択し、収益を得られるようになったら自動化したり外注したりして徐々にシフトしていくのが良いと思います。

うまくいけば、労働時間を大幅に減らしても本業以上の報酬を得ることも可能です。

さいごに

副業を始めたいと思い情報収集をしているときは、自分が実現したいことと始めたいことが合っていないことがあります。

将来的にはどのような状態が理想なのか、そのビジョンを明確に描いて、ゴールを設定してから始めていくことが良いでしょう。

副業の稼ぎ方を3つに分けて解説した今回の記事が、副業の手段から探そうとしている人にとって少しでも参考になれば幸いです。

以上です。

\ ココナラでスキルを磨いて稼ぐ! /

タイトルとURLをコピーしました