生活

全然貯金できないあなた!原因はたった3つ。

生活
???
???

ちゃんと貯めているはずなのに、貯金残高が思うように増えない…。やっぱり自分にはお金を貯めることなんてできないのだろうか…。

親父
親父

そんな思いを抱えるあなた!貯金できないのにはちゃんと原因があるんです!

ーそう、貯蓄が増えないのにはそれなりの理由があるんですー

はじめに

今回は、”貯金したいのになかなかできない”という人に向け、その原因となる行動や習慣について書いていきます。

当てはまる人は、それを自覚してお金の管理に対する考え方を少し変えられるよう、最後まで読んでみて下さい。

親父
親父

早速いってみよう!

お金が貯まらない原因3つ

その壱:むやみやたらに積立からお金を引き出す

会社の給与が振り込まれる口座以外に、
別の口座で毎月一定額を入金している口座がある場合の話。

根本的な認識の話にはなりますが、
その口座での積み立ては、今後起こり得る大きなイベントのためのもの、ということをしっかりと認識しましょう。

その上で、本当に毎月積み立てるべき妥当な金額を整理して、貯蓄プランを再度考えてみる必要があります。

すなわち、独身なら結婚資金や車などの大きな買い物。既婚者なら住宅購入といった、まとまったお金が必要なとき以外は絶対に引き落とさない!というような覚悟が大事です。

そもそも積立でお金を貯める意味として、
単純にコツコツお金を貯めるというだけではなく、

「気付いたらめっちゃ貯まっとるやん!」

「天引き積み立てならお金って貯まるもんやな!」

という気持ちになって、貯蓄に対して前向きにさせる効果もあります。

逆に言えば、積立でやっているのに残高が増えないということは、貯蓄に対し前向きな思考になれず頑張ろうという気持ちにはなれないということにも繋がっています。

毎月できるだけ多くのお金を積み立てることは大切ですが、だからといって無理をして、貯めたお金を頻繁に引き出すようでは意味がありません。

まず積み立てに際して、確実に貯められる金額に設定することが、モチベーションを持続させる秘訣です。

また、引き出し癖もなくなります。

その弐:収入と支出を1か月単位で管理している

毎月の収入と支出はしっかり管理してるのに、
なぜかお金が足りなくなるという人がいます。

理由は単純で、実際の生活の中ではあらかじめ決まっている支出以外にも、必要なお金が出てきてしまうからです。

そんな場合は、1カ月ではなく、1年単位で支出を整理してみると答えが見えてきます。

1年の間には結婚式のご祝儀や、お葬式のお香典などの冠婚葬祭や、壊れた家電の買い替え、季節の変わり目に買う洋服(夏は水着やTシャツ、冬はコートやマフラー)

毎月の予算では補えない支出があるはず。
それらのお金はどこから捻出しますか?

対策として、毎月の支出以外に予備費を確保しておくことを推奨します。もちろんそれは貯蓄に回すのではなく、予備費としてプールしておくことが大切です。

「月間」ではなく「年間」でお金を管理することを習慣にしてみて下さい。

その参:月末に余裕があると浪費する

毎月必要なお金には、家賃・光熱費・生命保険や車の保険といった固定費と、食費・交際費・被服費といったその月ごとの活動によって変わる変動費があります。

毎月必要なお金が変わるということは、カツカツなときもあれば余裕のあるときもあるはずです。

では、余裕があるお金はどうしてますか?

実は、ここでのお金の使い方が、貯金が増えていく人と増えない人の分かれ道になっています。

貯金が増える人は前述にあるようにプールしたり、確実に使わないわかった時点で積立に追加入金し、無駄遣いを減らしています。

逆に貯金が増えない人は、余裕があるからと高をくくって予定外のものを買うなど、残金を使ってしまいます。お金に余裕がなければ買っていないようなものは、必要なものとは言えません。

節約する前に、不要なものは買わないという習慣を身につけるのも、貯蓄を増やすために大切です。

お金は、お金があるところに集まるといいますが、「貯蓄が増えないと感じている」ということは「貯めたい」という気持ちがあるということです。

あともう一歩踏み出して、貯め方のコツを理解し実行すれば、必ず貯蓄は増えるはずです。

さいごに

いかがだったでしょうか。

老後2000万円問題や、年金問題、さらには終身雇用さえも危ういと言われている現代において、個人の貯金は大きな課題と言えます。

そんな課題を解決するための第一歩として、啓発に繋がれば幸いです。

親父
親父

まずは貯蓄用口座を開設することがワイの課題やな…。

タイトルとURLをコピーしました