涙腺崩壊チャンネル

自閉症で盲目の青年が見せた衝撃のパフォーマンスに全米が涙…

涙腺崩壊チャンネル

みなさんこんにちわ、こんばんは。

今回は、久しぶりに涙腺崩壊チャンネルからの記事です。

意外とコッチの方がPV数が良かったりします…

早速ですが、
今回も涙腺崩壊量産番組「AGT」より。

今回挑戦した青年は、コディ・リー 22歳。
実はこの青年、自閉症であり且つ盲目(目が見えない)でもあります。

そんな青年がアメリカの大人気オーディション番組に参加したお話をまとめました。

自閉症…盲目…そんな息子に母が見つけた光

コディ・リーについて

コディについて少しまとめていきます。

出身は南カリフォルニア。
生まれつき目が見えない”先天性視神経疾患”であり、
4歳の頃に自閉症障害と診断される。
同時に、一度耳にしただけでその音楽を瞬時に記憶し、
再現することができると言われる「サヴァン症候群」でもあることは
後にわかったことだそう。

母の葛藤と、一筋の光

コディが生まれてすぐ、母であるティナ・リーは、
コディが盲目であることを知り、大変ショックを受けたようです。
さらにその後、自閉症であることを知った時は
「この子は、きちんと生き抜いて生きるのだろうか。」と
ある種絶望とも言える感情になったそう。

しかし、そんなコディが実は音楽が大好きであることを知ります。
幼いコディは、音楽を聴くと目を見開いて、そして歌い始めたそうです。
絶望的な気持ちの中、そんなコディをみた母ティナは涙が溢れ、同時にこう思ったそうです。
「この子は、エンターテイナーだ。」
音楽を聴いているとき、そして歌を歌っているときのコディは、
自身のハンディキャップなど全く感じさせず、
まさに「世界から解き放たれている」と。母は感じたそうです。
自閉症は日常生活が大変困難になってしまいますが、
そんな彼を音楽が繋ぎ止めている。とも語っています。

そしてオーディションに参加し、全米に衝撃を与える

アメリカの大人気オーディション番組”AGT”に参加

☞AGTとは
アメリカズ・ゴット・タレントの略。
アメリカのオーディション番組で、全米年間最高視聴率を叩き出すほどの大人気番組。オーディションに参加要件はなく、ジャンルも問わない。ダンス、演劇、歌、コメディ、マジックなどなど、世界中のタレントたちがしのぎを削り、優勝者には日本円で約1億円の賞金と、ラスベガスでのショーが確約される。

日本人ダンサーの蛯名健一さんが参加し、優勝したことでも有名ですね。

はたして、そんなオーディションに参加したコディの結果やいかに・・・!?

本編

それでは、オーディション予選の模様をご覧下さい。

【和訳】コディは自閉症、しかしピアノと歌でオーディションに勝利する | AGT 2019

言葉は必要ありませんね。
そのソウルフルでまっすぐな歌声…
彼を近くで見守ってきた母ティナや家族が
彼にどれだけ心を注ぎ、そして困難に立ち向かってきたか…
このステージに立つまでの軌跡については、
親父が軽々しく推測してよいものではないと感じます。

今回の予選の結果は、
コディだけでなく、家族全員に贈るゴールデンブザー(※)だったのではないでしょうか。

☞ゴールデンブザーとは
1年を通して行われるこの番組において、各審査員がそれぞれ1度だけ押すことができるボタン。これを獲得した挑戦者は、本来複数回にわたって行われる予選を飛び級し、いきなり準々決勝への進出が決定する。

この予選で全米の心をわしづかみにしたコディは、
その後の準々決勝・準決勝と勝ち進みます。

ちなみに、準決勝ではなんと「You are the reason」を披露します。
親父が以前記事にした、”BGT”での活躍により後にデビューしたカラム・スコットのオリジナルソング
コディの予選の映像で最後にBGMとして流れている曲でもありますね。

そして決勝まで勝ち進んだコディ。
それだけでも十分すごいんですが、
なんと彼…

【和訳】2019年度AGT、結果発表 | AGT 2019

優勝します。

コディは世界中に勇気と希望を与えました。

その後

AGTで優勝したということは、
賞金1億円と同時に、ラスベガスでもショーを行ったはずですが、
今のところ詳細の映像は公開されていないようです。

コディ自身は、優勝後さまざまなメディアやTV番組に出演し、現在もシンガソングライターとして活躍しているようです。コディのその後については、これからも追って新しい情報があれば記事を更新していきますね。

タイトルとURLをコピーしました