涙腺崩壊チャンネル

「パパは兵隊さん。」戦地から帰還した父と家族の再会に涙が止まらない…

涙腺崩壊チャンネル

今回は、涙腺崩壊チャンネルからお届けします。

皆さんは、仕事で長い間家族と会えない日々を過ごしたことがあるでしょうか。
そのような経験がない人は、ハンカチを準備してご覧下さい。

経験がある。というあなたはバスタオルを準備して下さい。
今回は、アメリカの軍人が遠い勤務地や、戦地から無事に帰還した際の家族との再会の映像をご紹介します。

特に言葉は必要ありませんが、
一応、簡単にアメリカ兵に関する情報を共有します。

まえがき

米軍の現役兵士の約30%が、国外駐留

米軍の現役兵士の数は、男女合わせて130万人を超えています。
このうち、海外に駐留する兵士は約19万人、軍属等を含めると、その人員総数は45万人以上に上るといいます。

こうした海外に駐留する兵士たちの多くは、比較的安全な基地で、訓練や演習、その他の任務に当たるも者もいれば、中にはシリアやイラクといった紛争地帯、ソマリアのような紛争が起こり得る”ホットスポット”に配置される兵士もいる。

勤務地へ行けば、1年~3年は帰還できない兵士もいる

もちろん、休暇を取って一時帰国をする兵士は多くいますが、
勤務地の情勢等により予定通りに帰れないことは多々あるそうで、
さらに前述でいう”ホットスポット”ともなれば、長くて3年以上帰国できない兵士もいるようです。
当たり前ですが、普通のサラリーマンとわけが違うのは、
生きて帰ってこないかもしれない。
という事。

米軍兵士の死没者数

有名な「イラク戦争」の例、

戦地へ派遣されたアメリカ兵の人数は168,000人、そのうち犠牲となったのは4,486人にも上る

引用:イラク戦争における米軍および有志連合軍の死傷者

約3%もの兵士は、無事に帰ってくることができませんでした。

無事に帰ってくることだけを祈る家族

戦地へ行くことのリスクは、その家族も十分に承知していることでしょう。
しかしながら子供たちはどうでしょうか。
子供ながら、戦地に行くことがどういうことかを
一生懸命理解する努力をするのでしょう。

想像を絶します。

パパのおかえりは突然に

今回ご紹介する映像、アメリカらしく”粋なただいま”を見せてくれています。
家族の反応を見ていると、とても心が温まる映像です。

さて、前説が少々長くなりましたね。
ご覧下さい。

「感動の再会」戦地から帰ってきた兵士が子供にサプライズ ●涙なしでは見れません!

最後に

感動の再会に間違いはありませんが、
戦争がなくなってくれればそれが一番いいですよね。

どうしても争うならスマブラとかマリオカートでどうにかしてくれませんかね?
世界の要人さん。

タイトルとURLをコピーしました