仕事

仕事がつまらない…という人に実践してほしい3つのルール

仕事

仕事がつまらない。やりがいがない。
そう思いながらも、世間体や収入源の確保の為に人は働きます。

いつの間にか仕事中に考えることは、休日何をしようか。まだ〇曜日か…。もう〇曜日か!と、
週末に向けて一喜一憂するだけ。

親父もその一人でした。

特に火曜日がきつかった記憶…。

仕事がつまらないけど、辞めようとは思わない、という方に向けて、
仕事の時間が少しでも有意義になるよう、仕事が楽しくなる3つのルールをご紹介します。
辞めたいけど勇気がない…という方は、

☝こちらをご覧下さい。

これから紹介するルールを守って、ぜひ仕事を楽しみ、生活をより豊かにしてみてはいかがでしょうか。

ルール1:自分の仕事に興味を持つこと。

これは、目の前の仕事に興味がない。というわけではなく、

自分の働いている会社やその業界について興味を持とうという意味です。

いつも向き合っている仕事のほかに、会社を回していることがたくさんあるはずです。
自分の会社がどのように回っていて、誰がどんな役割を担っているんだろうか。
ということを勉強するようにしましょう。

視野が広がり、日頃の仕事においても情報処理の幅が広がります。

1つ仕事を受け持っても、そこに繋がっている他の人がイメージできるだけで、あなたの仕事の質が変わるはずです。
また、常に自分が事態を把握できている。ということは心の余裕に直結し、仕事に対するストレスが減少します。

その過程で、着実にスキルアップもしていくはずなので…

● スキルアップで仕事の幅がさらに広がる
  ⇩
● 新しい知識を得たり、成功体験を得る
  ⇩
● さらに仕事に興味や関心が湧く
  ⇩
● 仕事の質が上がる
  ⇩
● スキルアップで仕事の幅がさらに広がる
 ※以下ループ

というような好循環に入り、
どんどん仕事に夢中になれるかもしれません。

ルール2:わからないことは、すぐに調べる癖をつけること。

わからないことがある、ということは、人をネガティブにしてしまいます。

そして、わかる人に常に頼ることが仕事になってしまい、自分の存在価値を見出せなくなります。

自分にはよくわからない。で終わってしまう人は、いつまでたっても”わかる人”についていくだけの社員になります。

車の運転をイメージしてください。
何もない道を自分のペースで運転できるのと、前の車を絶対に見失わないようついていくのと、どちらが楽でしょうか。

自分のペースで仕事を進めることは、組織で動かなければならない普通のサラリーマンにとって難しいことかもしれません。
ただ、組織の中でも自分が任された仕事については、誰よりも自信をもって取り組むことができる!という人は、すなわち自分のペースに持ち込めている証拠です。
そうなるためには、まず自分の身の回りにおける仕事の中で、わからないことを減らしていく作業が重要になってきます。

一度この癖がつけば、あとは勝手に自分の引き出しが増えていき、組織にとって重宝される存在になれるはずです。

ルール3:何事も、達観して臨むこと。

自営業でもない限り、仕事をする上では必ず仲間がいます。

その仲間の中には、ネガティブな話しかしない連中もいます。

あの部署のあの人がさーー。

仕事なんかめんどせーよなーー。

人間は、基本的に堕落していく生き物です。
楽な方を選択したい生き物です。

でも、そこに巻き込まれてしまうと、抜け出すのがとても大変です。

とはいえ、仕事仲間である故に、付き合いはどうしても生まれてしまうため、
周りの人間との人間関係で悩まされる人も多くいます。

仕事における人間関係のあり方や思考については、別の記事で詳しく解説をさせて頂いておりますので、
そちらをあわせて読んでいただけたらと思います。

どんなにおもしろくて、やさしい先輩や同僚でも、
仕事を介して付き合う人間に対しては、常に自分を持ち、達観するようにしましょう。

最後に

どうあがいても、一日8時間以上は働きます。それが一般的サラリーマンです。

休日にどんな現実逃避をしても、やがて仕事はやってきます。

所詮は1日の3分の1の時間かもしれませんが、その数時間を無駄にすると、数十年間の人生を無駄にすることになっているかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました