涙腺崩壊

【BGT】Calum Scott(カラム・スコット)のオーディションを総まとめ

涙腺崩壊

イギリスの大人気オーディション番組、ブリテンズ・ゴット・タレント(Britain’s Got Talent、略称BGT)からご紹介。

ゆるーくまとめたのでお酒のつまみ程度にご覧ください。

辛口審査員による酷評も見どころのひとつとなっているこの番組に、とある兄妹が出場します。

兄のCalum Scott(カラム・スコット) 当時26歳 と

妹のJade Scott(ジェイド・スコット) 当時22歳 である。

この兄妹は、幼いころから歌が大好きで、将来はプロの歌手になる事を夢見て、切磋琢磨しながら成長してきたとても仲の良い兄妹だそうです。

そんな兄妹が、有名なイギリスのオーディション番組に参加するわけですが、

兄であるカラムが、とんでもない逸材でした。

妹は酷評され落選

兄カラムの前にステージに立ったのら妹のジェイド。

得意の歌で勝負したものの、審査員たちからは散々たる評価。

忖度なしの審査がこの番組のおもしろいところであるんですが、当人やその家族からしたらたまらんだろう(笑)

酷評された妹は、泣きながら舞台の袖へと消えてしまいます…。

その直後、兄 カラムが登場。

妹の惨劇を目の当たりした直後で、動揺を隠せない様子のカラム。

酷評していた審査員も心配して声をかけるほどでした。

そんなやり取りをしながら一息ついて、いよいよカラムが歌ったわけですが…

Golden boy Calum Scott hits the right note | Audition Week 1 | Britain's Got Talent 2015

お分かりいただけただろうか。

親父のゆるい涙腺では耐えられない…。

結果、カラムはゴールデンブザー(※)を獲得し、見事に準決勝へと駒を進めます。

※ゴールデンブザーとは、審査員とMCが1シーズンで1度だけ押すことができるもので、これを獲得した者はその後の予選を全部すっ飛ばしていきなり準決勝まで進出することができる。

審査員の中でも特に辛口で知られる大物プロデューサーのサイモンでさえ、その歌声に衝撃を受け、「マジックボイス(魔法の声)」なんて言われていますね。

まさに、世界中にカラムスコットの存在を知らしめた瞬間ではないでしょうか。

準決勝~決勝・・・そしてメジャーデビュー

まあそんな凄まじい歌声だっただけに、準決勝→決勝と、順調に勝ち上がるわけです。

準決勝の模様はコチラ←

決勝の模様はコチラ←

結果、総合順位は6位でフィニッシュ

補足情報ですが、
このカラムスコットをも抑え、2015年の優勝者となったのは、
ドッグトレーナーとその犬のJules O’Dwyer & Matisseでした。
犬とダンスをしたり演劇をするスタイルですが、
優勝者だけあって、素晴らしいクオリティの”ショー”を見せてくれます。

Jules and Matisse Britain's Got Talent WINNERS! | ALL Performances

一応解説しておくと、このオーディションは歌だけではなく、ダンスやマジック、コメディなんかも参加でき、その人数に特段の制限はありません。

ただの歌番組ではなく、すべての人にチャンスがあるということですね。

惜しくも6位となったカラムですが、逆に言えばその歌声ひとつで勝ち上がった。とも言えます。

そんな逸材を世の中が放っておくはずもなく…

Calum Scott – Dancing On My Own

メジャーデビューです。

しかもかなりの売れっ子になり、1stシングルはゴールデンブザーを獲得した予選で歌った曲ですが、当時イギリスのシングルチャートで2位になります。

またその年の夏、イギリス国内で最もダウンロードされた曲となったようです。

その後、アメリカツアーも敢行。

そして2つ目のシングルでは、初のオリジナルソングとして「You Are the Reason」を発表。

こちらは、

全世界で10億回以上ストリーミングされ、500万部以上売れYoutubeにてそのミュージックビデオの再生回数は5.8億回を超えています

Calum Scott – You Are The Reason (Official)

普通にええ曲ですわ…

売れっ子を飛び越え、セレブの仲間入りを果たしたわけです。

以上、カラムスコットのシンデレラストーリーを簡単にまとめてみました。

お風呂時間、歌の練習してみようかな…。

タイトルとURLをコピーしました